MH-7S

リングスリーブ用 小・中専用 圧着工具

特長

  • リングスリーブ用 小・中専用
  • 中・小・小(1.6×2)に対応
  • 適用サイズ: リングスリーブ 小・中
  • 新JIS規格
  • 圧着マーク
  • 軽量
  • ミニ
  • スリーブ仮押え

製品情報

適応端子

リングスリーブ 小・中

ヘッド拡大

電線組み合わせ表

呼び電線組み合わせ工具ダイス部の呼び圧着マーク
φ1.6mφ2.0mφ2.6m異なる径の場合
E-小2φ1.6mm x 1 + 0.75mm² x 11.6 x 2
φ1.6mm x 2 + 0.75mm² x 1
3~42φ2.0mm x 1 + 1.6mm² x 1
E-中5~63~42φ2.0mm x 1 + 1.6mm² x 3~5
φ2.0mm x 2 + 1.6mm² x 1~3
φ2.0mm x 3 + 1.6mm² x 1
φ2.6mm x 1 + 1.6mm² x 1~3
φ2.6mm x 1 + 2.0mm² x 1~2
φ2.6mm x 2 + 1.6mm² x 1
φ2.6mm x 1 + 2.0mm² x 1 + 1.6mm² x 1~2

※ 呼び「E-小」でφ1.6mm x 2本圧着する場合は、圧着工具1.6 x 2ダイス部で圧着してください。

基本情報

品番標準価格全長質量
MH-7S7,000円181mm250g

使用方法

  1. ハンドルに力を加え、整形確認機構(内蔵)を解除し、ハンドルを開きます。
  2. スリープを適合したサイズのメス歯型部に接合部を上に向けてセットしてください。
  3. 所定の長さに被覆剥ぎした電線をスリーブのつばの付いた側から挿入します。
  4. 成形確認機構が解除されハンドルが自力で開くまで荷重を加えます。
  5. ハンドルを開き、圧着したスリーブを取り出します。

使用上のご注意

  • 活線の圧着作業は行わないでください。感電の恐れがあります。
  • この工具はリングスリーブ専用工具です。圧着端子および圧着スリーブには使用しないでください。
  • 適正な接続を得るため、圧着する端子およびスリーブと電線のサイズを間違えないようにしてください。圧着不良により火災の原因になる恐れがあります。
  • 成形確認機構により、完全に圧着できるまであハンドルは開かない構造になっております。ハンドルが開くまで荷重を加えてください。
  • ご使用前に各部の損傷がないかをチェックし、損傷がある場合は修理に出してください。圧着不良により火災の原因になる恐れがあります。
  • 工具の可動部(連結板・軸など)には、月に1〜2回注油してください。またご使用後はグリップを除く部分んを油布で拭き保管してください。
  • 工具をハンマーやペンチなどのかわりとして、圧着作業以外に使用しないでください。また工具を改造して使用しないでください。
  • 工具を安全にご使用いただく為、当社まで定期点検(有償)に出してください。(年1〜2回)